« 死ぬってのは意外と難しい。 | トップページ | レッド »

2008年6月 9日 (月)

生けたホラーゲーム

みなさまこんにちは、お久し振りです。

ちょっと試験後の疲れを引きずっちゃってね…あんまり更新する気になれなかった…

色々あったんだけどなぁ…ちゃんと書いて残しておけばよかった。勿体無い。

じゃぁ、とりあえず先週の事をちょっと。

…先週は、木曜日をひたすら待ち続けたww

木曜日を。6月5日を。

もう、三ヶ月前くらいから待ったいた。

…いや、もっともっと前からだったかもしれない。

…とりあえず、木曜日が楽しみでたまらなかったのよ!!!

何でかって言うと、

この日は椿姫の日だったのですよww

待ちに待った。

…って事で、朝、チケットを買うためのお金を用意しようと思ったら

.

.

.

.

無い。

ないんだ。なぜか。定位置に。大事な大事な私の4万円が。大事にとっておいた財産が。

前の日に新しいメイドが来て掃除してって片付けてくれたのはいいけど、

ないんだ。

で、あぁぁーってなって、出てきた7千円だけを持っていったのよ。

んまぁ、どうせB席くらいで良いし、最高で7千あれば大丈夫だよな…と思って。

.

やっと訪れた放課後。

私は教室から駆け出して、階段を下りて、落ちてくる雫の中へと出て行った。

…109着く頃にはずぶ濡れで、シャツとか冗談抜きに透けててヤバかった;;

顔も髪も腕も濡れてるし。

とりあえず2階まで行って、チケットぴあの窓口行って用件を話したのよ、

今晩初台の新国立劇場で上演される椿姫のチケットを…学生割引で…って。

そしたら愛想のいいお姐さんが

…すごい高いのしか残ってなかったと思うよS席とか…大丈夫?

って。

まさか、そんな馬鹿な、そんなはずがない…昨日の晩は空いてたのに…嘘であってくれ…

と願いつつ、私はとりあえず調べてもらえますかとお願いしたのよ。

で…

…うんー、やっぱりS席しか残ってないよ…半額で1万くらいのやつ…?

って。

ここまで来て…1万かぁ…ふぅ。

…あぁ、分かりました…ありがとうございます

つって、お姐さんがすごくわかってくれてるように笑ってくれて、

落胆した私は2階を後にしたんだ。

んで地下1階の女子トイレで透けたシャツを脱いで、

その日ちょうど持ってたポロシャツ着て帰ったのよ。

.

で、実は帰ってからがかなりの修羅場で;;

日中、母がお金を探してくれてるときに、

色々と…んー…見つかるべきでないものを見つけられちゃって;;

しかも、一度も見られたことのないパソコンも見られて…ちょっとね、ヤバかったのよ。

本当に。んまぁ想像はつくかもしれないけど…

んまぁ、そんなわけで、色々追求されて、

私は色々と痛ましいことを弁解した訳です。

もう椿姫見れないし死亡フラグ立ちすぎだしもうね。キツかった。

でも、まぁ、一段落して、

おとなしくスカートとかシャツのアイロンがけしてたら、

両親が寄ってくるのよ。

うわぁぁっぁあっぁぁぁぁぁ怖ぇぇぇぇえええええええ寄らないでぇぇ!!!!!!!

…みたいな感じだったけど、

なんか、違うんだ。様子が。

なんか、なぜか、なんかね、母が突然

私が入院してた時に、色々本当に頑張ってくれた分、御礼をしたいの

と言って、万札を私に差し出してくる。

なんか、もうびっくりしちゃって。

でも私は正直色々と諦めてたし、なんか親に色々と不快なものを見つけられて

不愉快な思いをさせたし申し訳ないからいいよ、

って言ったら、

なんか、

今度は父親もお金を持ってるのよ。

1万千円。

両親が差し出すのよ、お金を。2万千円。

そこで気付いたんだ。

S席、2万千円。

ハッと思ったときに、母が

早く、急いだ方がいいわよ

…って

………

……………

あぁぁっぁぁぁっぁぁぁっぁぁぁっぁぁぁぁああああああああ。・゜・(ノД`)・゜・。

本当に、もう、その瞬間涙が一気に溢れた。

一気に。もう耐え切れなくて…母に抱きついて号泣しながら本当にありがとう、ありがとう…としゃくり上げてた。んだ。

で、そのときが5:15くらいで、開演は7時だったし、ほんと早くしなきゃ!

ってことで、涙を拭いて、長袖の青いワンピースを着て、青いピアスもして、

髪を結いなおして、バッグとお金を持って出て行ったんですわ。

一人、椿姫を見に。

すっごい急いで焦って、だって時間無いし席があるかも分からないから…

とりあえず劇場のボックスオフィスまで行って、聞いたんだわ。

そしたら幸いS席だけ残ってたww

しかも、1階の、前から11列目の、本当に最高としか言えない席を取れた!

嬉しすぎて嬉しすぎて…もう、本当に。

そして、堪能したわけですよ。

ステージが近くて近くて…感動した…本当に。

しかも自分が歌った曲、あまりにもよく知っていて大好きな歌を…

はぁ(´A`*) もう言葉に表せない。

と言うことで結局5日は最高の夜を送る事ができました。

劇場に行くまでに、親がお金をくれた時のシーンを思い起こして何回か泣きそうになった…

んで、オペラの最後も、泣きそうになった…けど、そこは取り合えず劇場の中だし、

ひたすら拍手を送る事で精一杯だったから堪えた。うーん。

実際、終幕としては、椿姫よりもラ・ボエームの方がいいかなぁ…

あれは本当に傑作だと思う、本当に泣いてしまうもの。堪えようとしても。

.

.

.

.

.

.

んまぁ、そんな感じでした!

んで、土曜日はスピーチをしましたぁ…

みなさまご清聴ありがとうございましたm(_ _)m

なんか、私は全然緊張はしていなかったんだけど、

記憶が…ヤバくて…かなり飛んでましたね笑;;

んまぁ、でもとてもインパクトのあるスピーチを出来たと思うので

とりあえず私は満足!!!ww

ってな感じよ。

昨日の秋葉原通り魔事件、

すごいショックだった。

なんたって秋葉原だもの、秋葉原。

私だって秋葉原くらい幾度と…ねぇ、もう、本当にショックです。ひたすら。

しかも、今日チェロの先生が来たんだけど、

亡くなった女性が知り合いだったんだって。

更にショック。

彼女は芸大で音楽環境をやってて、

この前先生がオケで弾いてたフィガロの結婚の演出とかをしてたんですって。

本当にすごく才能があって、

しかも歌も上手で…先生もちょっとショックを受けてたよう。

本当に、本当に残念でたまらない。

…今日献花しようと思って、

でも放課後は無理だったから…

明日行こうかな。朝の内に。なんか気が済まない。

遺族の方々、被害者に近かった方たち、お悔やみ申し上げます。

亡くなられた方々、安らかにお眠り下さい。

.

.

.

でもあんなに素晴らしい将来が待っていたかと思うと、

殺されても死に切れないよね。

母のコートを借りて、

|

« 死ぬってのは意外と難しい。 | トップページ | レッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死ぬってのは意外と難しい。 | トップページ | レッド »