« ぬはぁ | トップページ | »

2006年9月 3日 (日)

Romeo and Juliet

私はシェークスピアが好きだ。

母と妹と私はそれぞれ自分のシェークスピアの全集を持っている。

母はまた、彼女の祖母の持ち物だったシェークスピアの全集を持っている。

私は様々なシェークスピアの映画に笑わされ、涙させられてきた。

最も好きなのは

ハムレット

ロミオとジュリエット

先ほど何回目かに後者を母と妹と見たのですが、

家族の前で私は泣けなかった。

妹は鼻をすすっている。

母までもが涙を静かに拭きとる。

でも、終わってすぐ、

私は自分の部屋へ駆け込み、

震える声であの歌を口ずさみながら

泣いた。

泣いた。

泣いた。

二人の寝かされた美しすぎる屍を思い出し、

私は刹那を目から溢れ出させた。

The sun for sorrow will not show his head.

Go hence, to have more talk of these sad things;

Some shall be pardon'd and some punished;

For never was a story of more woe

Than this of Juliet and her Romeo

|

« ぬはぁ | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108327/3305514

この記事へのトラックバック一覧です: Romeo and Juliet:

« ぬはぁ | トップページ | »